【0歳からスタート】子供の英語は自宅でネイティブの発音を聞かせる

この記事は約5分で読めます。

子供の英語

0歳児から子供に英語の世界に浸らせたいと思っている人は多いようです。

海外に住んでいても0歳児は母親と過ごすため、母親が英語を話さないと英語を聞く機会がありません。

また日本人の母親が子供に英語の絵本などを読んで聞かせても、発音がネイティブでないため綺麗な英語の音を聞くことが出来ません。
海外に住んでいると保育園や幼稚園に行けば英語を話しだすと安心していませんか。

0歳児は耳がとても発達するときです。

そういう時にきれいなネイティブ発音の英語の音を聞くことこそ将来きれいな英語の発音が出来る大切な基礎作りです。

これは自宅で親が子供に英語で話かけることができれば理想的なのですが、発音に自信がない場合は、無理に英語で子供に話かける必要はありません。

ゆうま
ゆうま
耳の柔軟な幼児に間違った発音が子供にインプットされてしまいます。

それより英語の教材に入っているCDなどで常に英語の歌を聞く、あるいは流しておく方が効果的です。歌の選び方としては、簡単なフレーズをリピートするような覚えやすい歌がいいですね。

子供英語教材の歌のCDなども販売されていますし、日本にはたくさんの優れた子供英語教材がありますので、それを有効活用することもできます。

子供英語教材のおすすめ7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

 

子供英語ではネイティブの発音を聞かせる

0歳児に綺麗な英語を聞かせるのが大切だという話は先ほどしました。
海外に住んでいる特典としてこの時期に出来るだけ現地の人と触れ合うことで、自然と子供も英語の音を聞かせることが出来ます。

またテレビでは英語が流れているでしょうから、それを付けているだけでも子供は英語を聞いています。

日本にいるより海外では英語を聞く機会が圧倒的に多くなるので、子供が綺麗な英語を話すことが出来るようになるのです。

では日本では無理なのでしょうか?

そんなことはありません。
上記でお伝えした子供英語教材を使って家庭で綺麗な英語をどんどん聞かせるのも一つの方法です。

これは子供に英語を習いに行かせる前の段階として、自宅で英語環境を作るということです。

子供英語教室では英語が飛び交っているのに、自宅では英語が全然なかったとしたら、英語とは英会話教室の中だけのことになってしまうので、教室に通うのも苦痛になってしまいかねません。

子供に英語を習わせる前に、子供の日常生活の中にごく当たり前のように、英語が存在する。そんな環境が必要なのです。

 

子供英語で自宅での英語の環境作り

自宅での英語の環境作りは英語学習用教材の音楽にこだわる必要はありません。大人が聞いても楽しめる音楽でもよいのです。

英語の歌とともに、映像も流しておくと効果的です。とはいっても全て子供英語用の教材を流しておくのではなくても、大人が普通に見るような映画などでも構いません。大人用の映画と言っても、子供も登場しますし、子供が理解できるような簡単なセリフもたくさん含まれているのです。

これらは、あくまで英語耳を作るための音楽や英語ですから、マネをして発音する必要もありませんし、意味を捉えようとする必要もありません。子供の無意識領域に英語の音をインプットすることが目的であることを忘れないで下さいね。

ゆうま
ゆうま
子供が楽しみながら自然に英語が入ってくる環境を作る、それがとても大切なことです。

また0歳児保育を英語で行っている保育園に子供を預けてみるのも一つのアイデアです。

共働きの家庭では、保育園に子供を預けるわけですから、保育園の先生が英語で保育をしてくれるならば、幼児英語教室に通わせる手間も省け英語の効果が期待できます。

このような施設では、もちろん日本語による対応もしてくれます。

しかし、メインは英語で、平日は毎日です。朝から晩まで子供をそういったインターナショナルな託児所に預けることは、子供にとってはとても貴重な経験です。

言葉を身につけるのに一番いい年齢に、直接ネイティブと接触できるのです。

平日の昼間に子供と接する時間は少なくなりますが、平日の夜や、週末には子供と接する時間を増やし、日本語や英語で話しかけてあげましょう。

こういった施設のいいところは、同年代の友達ができるということです。幼児期から英語でコミュニケーションをとりながら遊ぶのは最も効果がある英会話の学習になるのです。

ただインターナショナルな託児所はそれほど多くありませんし、値段が高いという問題もあります。

そんなインターナショナルの託児所が無理だというのであれば、できるだけ自宅で英語を聞かせる環境を作ってあげることですね。

自宅で使いたいおすすめの英語教材が七田式ですが、公式サイトの犬の話はすごく納得しますので是非お読みください。

七田式7+BILINGUALの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました