【海外の子育て 必需品】日本で買う?海外で買う?どちらがおすすめ

この記事は約8分で読めます。

海外 子育て 必需品

海外で子育てするときの必需品についてご紹介します。
海外でしか買えない子育ての必需品や逆に日本で買った方がいい商品もあります。

海外に住んでいる3児のママが実体験から日本ではあまり使わないけど海外では当たり前という育児グッズを紹介しています。

ゆうま
ゆうま
海外で子育てするお母さんは是非参考にして下さい。

海外の子育て必需品 ベビーカーについて

海外 子育て 必需品

海外で子育てを始める時に最初にする大きな買い物が、ベビーカーです。これはどこにいても子育ての必需品となります。
特に海外に住んでいると家族の手伝いがなく、一人で子育てするケースが多くなったり、日本のようにすぐ近所にコンビニがあるという訳にはいかなかったりするのでベビーカーは必要ですね。

ゆうま
ゆうま
海外ではストローラーやバギーやプッシュチェアと言います。

驚いたのが日本よりもはるかに金額が高いベビーカーをたくさん販売していて、それらを買う人も大勢いるのです。

日本ではA型とB型にわかれていたり、両方が合わさったものがあり月齢に合わせて使います。軽くて折りたたむことができて立たせておくこともできます。

海外のものはまず日本ほど小さく軽量のものはなく、本体も車輪も非常に大きくなっています。折りたたみもありますが折りたたんでもかなり大きく、そのまま立たせることができるものはほとんどなく立てかけておく必要があります。

基本的に6か月までベビーカーに座らせてはいけないということで、それまではベビーカーに乗せる時も寝た状態にしなければなりません。そのため、ベビーカーに籠のようになったベビーベッドがついているのです。これを半年間使って取り外し、普通の座れるタイプに替えるのです。

海外では日本のデザインに比べ相当大きく頑丈なつくりになっているため、金額も高くなるのかもしれませんね。日本円にして4万円から5万円は下の方のランクで、10万円以上するベビーカーに乗せている人もまれではありません。

大変大きく重いデザインですが、子供にとっては安定していて心地よいようなので、海外に住んでいるならベビーカーは海外調達でいいかもしれませんね。

日本でも置く場所がある人にはおすすめです。最近は日本でも海外のベビーカーがネットで簡単に購入できるようになっています。
こちらの海外ベビーカーが人気のようです。

 

海外でよく見かける迷子紐も必需品の一つ

海外で子育てをしていると日本ではあまり見かけない子育ての光景を見かけることがあります。

最初に驚いたのが、歩き始めたくらいの子供から2歳半くらいの子供がどこにも行かないようにつけておく迷子紐です。犬の散歩のように子供をつないで迷子にならないようにする紐です。もちろん首にかけるのではなく、両方の方に通してそれらが一つの紐になって持てるようになっています。

紐の長さは1メートル半ぐらいです。初めて見たとき、こんなものが売っているのだと驚きましたし、使う人が結構いることにおどろきました。見慣れていない私にとっては、子供を動物扱いしているようで私なら絶対にしないと思いました。

ゆうま
ゆうま
なんか犬の散歩みたい…

しかし最近は日本でもたまに見かけるようになったので、街を歩くときに車に飛び出さないようにしたり、人とぶつからないようにしたり、こけないようにするために安全だと感じる人が増えたのでしょうね。これも子供に対する愛情です。

海外でしか見たことがない商品でしたが、誘拐などのニュースもちらほら聞くようになったので、これからは日本でも使う人が増えるような気がします。ただまだ動物扱いしているという人目を気にする人も多いので、海外でみんな使っているからというだけでは日本の文化や習慣になじまないという可能性もありますね。

海外の特に先進国などでは普通に手に入るので、これも現地調達でいいと思います。
日本で買う場合こちらの迷子紐が可愛くて、これなら犬の散歩って言われないかも!

 

海外では子供のサングラスが必需品

海外 子育て サングラス

次に海外の子育てで夏に必需品となるのがサングラスです。

日本ではおしゃれな要素が強くて、大人でもかっこつけているようでかけるのに勇気がいるという人もいます。しかし、海外の特に白人系の人は日本人よりも目が弱いと言われていて、サングラスはおしゃれというより目を守る意味でかけている人が多いのです。

そのため、日本では大人になってからかけることが多いですが、海外では小さい赤ちゃんから利用し始めます。これは太陽の光や紫外線から子供の目を守るためのものです。

赤ちゃんがサングラスをかける姿は、子供がお父さんのスーツやお母さんのドレスを着るようなアンバランスな愛らしさがあるのと同じようで大変かわいらしいですが、サングラスは立派な育児グッズと言えます。

日本の日差しや紫外線は海外と比べても大変強いです。サングラスは子供の健康のためと思って購入して付けてあげることをおすすめします。

ゆうま
ゆうま
子供サングラスは日本でもおすすめ!

子供は意外に気に入ってつけることを楽しみます。親子でおしゃれしてサングラスをかけて散歩に出かけるのも楽しいものですね。

日本で買える親子ペアのサングラス。すごく可愛いけど、赤ちゃんには大きすぎるかな⁉

子育ての日需品 おむつは日本製がいい

海外 子育て 必需品

子育てを始めたときにもっとも大切な必需品がおむつです。

これは海外のものを日本のものとでは雲泥の差があり、日本のほうが圧倒的に品質が良いのです。

日本でおむつを買って触ったときに、ふわふわだったのにはおどろきました。
日本の暑くて湿度の高い夏にはふわふわの肌に優しいおむつをつけなければすぐにあせもができてしまうので、海外よりも質の高いものを作る必要があったからでしょうか。

その国の気候が違うことによって子育てで利用する商品も異なれば、商品の質も異なってくるのですね。

おむつカバーにしても使ってみるとやはり日本製のほうがはるかに品質は上でした。
肌ざわり、洗濯のしやすさ、種類の豊富さどれを取っても海外のものより良かったですが、不思議なことにおむつカバーをわざわざ海外製のものを使っている日本人が多いことにも驚きました。

おむつやおむつカバーはやはり日本製が優れているので、わざわざ海外から取り寄せて使わなくてもいいかなと思います。

ゆうま
ゆうま
日本のおむつカバーは丈夫で使いやすい!

たまには珍しい色や、デザインで子育てを楽しみたいというならおしゃれな海外製もいいですね。

日本で買いたい人気のおむつとおむつカバーはこちらの記事でご紹介しています:海外の子育て 便利グッズで日本から持っていくといいおすすめは何?

 

海外の子育て 必需品は日本で買う?海外で買う?のまとめ

海外 子育て 必需品

今は流通が発達して先進国の都市部などではあらゆる国の育児グッズが買えるようになりました。

海外で子育てしていてもそれほど困ることなく必需品を購入することが出来ます。

でも文化や習慣の違いでその国でしか使わないような育児グッズもありますので、日本人として日本でしか使わない育児グッズは帰国時に日本で買っていくのが一番ですね。

たまの帰国はそういう日本でしか売っていない育児グッズを見つけるのも楽しいですね♪

☆更新の励みになります。
ポチっと応援よろしくお願いします。☆

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルとURLをコピーしました