子供の英語の先生を選ぶとき日本人かネイティブか悩んでいる人へ

この記事は約6分で読めます。

英語の先生 日本人 ネイティブ

子供を英語教室に通わせたり、スカイプオンライン英会話をはじめることに決めましたとき、まず1つの選択肢が待ち構えています。

日本人の先生から習った方がよいのかネイティブの先生から習った方がよいのかという問題です。
どちらの先生に習ってもメリット、デメリットがあります。

日本人の先生に習う方が伸びる子供もいればネイティブの先生に習った方が伸びる子供もいます。
どちらの先生を選んだ方が子供のためになるのか、どのようなことを親御さんが先生に期待するのかなどを基準に選んでほしいと思います。

ここでは日本人の先生から習うメリットとデメリット、ネイティブの先生から習うメリットとデメリットをご紹介します。

[the_ad id=”150″]

子供の英語 日本人の先生から習う

日本人メリット

  • 日本人の性格をよく理解してくれていて困っている時などサポートがうまい。
  • 英文法を感覚ではなく、きちんと分かりやすく教えてくれる。
  • 子供の相談がしやすい
  • 宿題などの面倒見がよい

日本人デメリット

  • 先生によりますが中には発音が下手な人もいます。
  • 子供にあまり緊張感がない。
  • 外国人と英語を話す機会が得られない。

 

子供英語 ネイティブの先生から習う

ネイティブメリット

  • 自然なスピード、抑揚、リズムの英会話に触れることができる。
  • 子供に緊張感、臨場感が生まれやすい。
  • 外国人と英会話を自由にできる環境にある。
  • 本場のイベントなどを体験できる。

ネイティブデメリット

  • 日本人の性格を理解するのが難しい時がある。
  • 自主性を重視しているのでついていけない子供のサポートが行き届かない時がある。
  • 子供の相談をしたい時にうまく伝わらない、分かり合えない時がある。

 

日本人の先生のデメリットとしてあげた発音の問題に関してはCDやDVDなどの教材で十分にネイティブの英語をインプットすることができるので日本人の先生でも問題はありません。

親御さんが先生にどんなことを期待されるかで先生の選び方が決まると思います。

宿題のサポートや子供の相談などきめ細かく子供の面倒見や相談にのってもらうことを期待するのであれば日本人の先生を選びましょう。

子供には自主性をどんどん伸ばしてもらい、物怖じせずに外国人ともコミュニケーションを取れるようになって欲しいならばネイティブの先生を選んでみてはどうでしょうか?

ただしこれは一般論であり例外はいくらでもあります。

実際に子供英語教室選ぶ時は先生とよく話をして、スカイプオンライン英会話の時は無料体験を受け、先生の人柄や教育理念に賛同できるかが大切です。

また忘れてはならないのは子供と先生の相性です。

 

小学校で英語の授業が必修化されますが、学校の英語の授業では先生を選ぶことができません。
先生と子供の相性があまり良くなかったとして、それを学校に伝えたとしても先生を変えてくれることはまずないでしょう。

子供英語のレッスンでは先生との相性がとても大事です。

 

子供英語は先生との相性が大事

英語の先生がたくさんいて、その中から自分にぴったりの先生がいたなら、その先生を子供は選びます。

どんなに素晴らしい教材を使ったり、優れたメソッドを用いてレッスンを展開しても、先生によって学習の効果はかなり違ってくるものなのです。

この先生にはなんとなく気持ちが伝わるとか、この先生は自分のことをよく考えてくれているなど、様々なことを子供は感じ取ります。その結果、先生が好きになり、英語という教科が好きになって、一生懸命に勉強するようになるのです。

Check

その点インターネットによるオンライン英会話のレッスンは、世界中の英語の先生が選べるようになっていますので、いくらでも先生を変えることが可能です。

 

これは、インターネットのオンライン英会話レッスンの最も大きなメリットと言えるでしょう。

一旦、子供がその先生を気に入ったなら、継続して指名しても構いませんし、少し飽きてきてるようだなと感じたら別の先生に変えることも可能です。

[the_ad id=”150″]

オンライン英会話は英語だけでなくコミュニケーション力も学べる

一言に英語と言っても世界中に色々な国が英語を公用語としているので、その国の数だけ英語はあります。ですから、幼児期から色々な国の英語に触れることは、国際的に通じる英語を身につけることにもつながるのです。

もし、これを実際に現地に子供を連れて行って実践しようとすると、膨大な時間とお金がかかってしまいます。
それを日本に居ながらにして可能にするのがインターネットの英語のレッスンです。

学校ではアメリカ英語が教えられますが、それだけでは、十分ではありません。

世界中の公用語として英語を考えた場合、何種類もの英語があるという認識のもとに幼少期から英語のレッスンを受けるのが、大人になってからどんな英語を聞いても、違和感なくすんなりと受け入れられる下地が子供の頭の中に出来上がります。

インターネットの英語のレッスンは、パソコンとネット環境さえあれば、いつでも受講できるのが特長です。環境の制約を受けることがないので、それだけ学習時間は増えます。子供にとっては、遊び感覚で英語の勉強ができるように工夫されているのです。

子供にとっては、遊びこそが勉強です。

ゆうま
ゆうま
遊びと勉強が融合した世界。それがインターネットオンライン英会話レッスンです。

幼児期からネットを通じてのコミニュケーション技術を向上させることは、その後子供が大人になった時にも、テレビ会議などの場面で活かされるものです。

インターネットというツールを使った学習やコミュニケーションが幼児期から生活の一部になっていれば、子供の将来にも大いに役立ちます。

小学校からパソコンに触れる子供が多いようですが、幼稚園入園前からパソコンに慣れ親しむことで、ネットを通じた情報収集能力も飛躍的に上がります。

オンライン英会話はネットを通じて、様々なタイプの英語に触れることで、厚みのある英語力を身につけることができると思います。

英語圏で幼児期を過ごしているから英語は大丈夫と思うかもしれませんが、いろいろな先生のレッスンを受けることは他の国の人と多くのコミュ二ケーションの経験を積むことが出来ます。

コミュ二ケーション能力は経験の量に比例します。是非、幼稚園入園前の時間に余裕がある時を有効に活用したいものです。その活用法としてインターネットオンライン英会話レッスンは最良の選択肢だと思います。

おすすめ

子供の英会話で日本人の先生、ネイティブの先生、どちらの先生を選んでもメリット、デメリットはあります。
お子さんの英語のレベルや性格に合わせて相性のいいスクール・先生を選んであげて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました